ふるきのガベージコレクション2

脳内を通り過ぎたイメージの残骸の記録

眠り

レトロな商店街を歩く夢

戦前から高度成長初期ぐらいの商店街が動態保存されている街を歩いている。飛行機型の飾りの付いた家具や、レトロな自転車屋、何を扱っているかわからない店など、1軒ずつ順番に回っている。何か目的があったはずなのだが、それもわからなくなって順番に回る…

レトロな商店街を歩く夢

戦前から高度成長初期ぐらいの商店街が動態保存されている街を歩いている。飛行機型の飾りの付いた家具や、レトロな自転車屋、何を扱っているかわからない店など、1軒ずつ順番に回っている。何か目的があったはずなのだが、それもわからなくなって順番に回る…

難関大学生が議論させられる夢

日本ではないどこかの国で、難関大学がある。そこに入学した後、当人に難解な議論が持ちかけられる。従来はちやほやされるだけだったのだが、扱いが変わっている。当人や家族、古いタイプの周囲の人達は戸惑っているが、一般的には当たり前のことだと思われ…

新歓イベントの夢

数日前、しばらくぶりに夢を見た。 大学の新入生で、オリエンテーションが終わって三々五々、グループを作りつつ喫茶店などに集まり始めている状況の夢。男女は半々ぐらいで、お目当ての男子を追いかける積極的な女子が多い状況。話の流れが方言の話になり、…

自分の席が見つからない夢

新入社員か大学の新入生で、入社式(入学式)の後、研修を受ける教室のような場所に来ている。50人ぐらいが集まっていて、各自、自分の席に座ることになっている。でも、自分の座席が見つからない。 名札のようなわかりやすいものはなくて、机の上の配布物に書…

労働者が移動する夢

工場の中年の労働者のグループが移動している。最初は電車のような乗り物。国鉄時代の急行のような車両だが椅子は人数分準備されている。ところが乗り換えがあって、今度は椅子なしで、座席の代わりに車両を動かす機器が入ったドーム状の設備があって座るこ…

セクハラとパワハラの複合案件にみんなが憤っている夢

記憶が断片的で思い出せないのだが、若い頃の職場の話のようで、こういう結婚をすべきというセクハラとパワハラが複合した暴言を吐いた年配者がいて、それに対して若手が憤っているという夢。現実の昔の自分たちだったら、基準が緩いために問題にはなってい…

ジブリ風の細長い演劇施設の夢

(K)の知人に招待されて、演劇施設に行くことになっている。知人の家に出かけたが、特に挨拶もなく大勢で出かけることになる。演劇施設は横幅が300mぐらいあって船のような形をしていて、中は大勢の"民衆"といった感じの人たちでごった返していて、ジブリの映…

巨大機械の品質確認の夢

夜中の1時ぐらいから断続的にみている夢。 巨大機械の品質確認をしている。こちらは評価する側。資金繰りの問題から早く売ろうとしたがるのだが、品質確認が終わっていないのでストップをかける。すったもんだしながら品質確認を続けさせるべくがんばってい…

肩のストレッチをする夢と右足の筋肉痛

肩の調子がよくないらしく、(K)と一緒にストレッチをしている。アメリカの州の名前が付いたなんとかいうストレッチで、引っ張ってもらうのだが一向に効かない。もう少しこうするのかなとか身長差が大きいからうまくいかないのかなとかいろいろ考えながら試行…

意外に夢を見ていた

若いころは爆睡タイプで、布団を見たら寝ていて、目覚ましが鳴った瞬間まで意識不明という寝方だった。2000年代のメンタル不調最悪期を経て、眠りにくいタイプになり現在は昼の薬が目が覚めるタイプなので睡眠導入剤を組合わせて飲んでいる。 爆睡タイプだっ…

大学の講義テキストをなくして探す夢

3日ほど前の夢。 その学科のメインとなる授業のテキストが配布されているのだが、製本された本ではなく、コピーした大量の紙資料の束だった。もう、授業が始まるのにその資料が見つからずに探している。配布はされたはずで、途中まで持っていたはずなのだが…

仕事関連の夢

4段もある遊星式減速機の計算をする夢をみた。長い夢で、最初は企業か大学のような建物でなにかの作業をしていたのだが内容は思い出せない。遊星式減速機は構造のわかる簡単な図面はあるものの、なかなか計算が合わなくて苦労しているところで目が覚めた。仕…

電車の中で暮らす夢

今朝の夢は、目覚ましが鳴って30分ほど二度寝してしまった間に見た夢。難民キャンプみたいな状況で、電車の中で暮らす夢だった。 なぜ電車にいるのかはわからないが大勢の人たちが車両の中で暮らしている。BGMはボヘミアンラプソディーの出だしの部分で、そ…

大学のキャンパスの学食に並ぶ夢

今朝の夢では学食に並んでいた。名古屋大学だということはわかっている。現実では1回だけ行ったことがあるのだがすっかり忘れてしまっている。でも、夢の中では名古屋大学だとしっかり認識している。職員の人に連れられてきているようで、ここがいいですよと…

大学のキャンパスにある犬の象徴がいる小屋の夢

今朝の夢は大学のキャンパスだった。その外れにある荒れた鉄筋の小屋みたいなものに犬がいる。本物の犬ではなくて水道の蛇口のようなものが犬の象徴になっていて、コミュニケーションもできる。関係者数人でその犬とコミュニケーションを取っているが、うま…

ビル街の地下室からラーメンを食べに行く夢

今朝も夢から起きた。ビル街の地下室のような場所でボロいソファかベッドの上でごろごろ過ごしていて朝がくる。地下室を出て朝日のまぶしさに圧倒されながら近くのラーメン屋に向かっている。いつもの店のようで期待も緊張もないし空腹感もない。並びかけて…

エネルギ集めに苦労する錬金術師の夢

最近、続き物の夢から起きる時が多い。自分は錬金術師のような仕事をしている。エネルギ源はシャトル作業をするブルドーザ。R→F変速時に生ずる熱エネルギーをどうにかして"るつぼ"を加熱している。何を作っているのかはわからないのだが、エネルギを集める作…

寝る時に喉が詰まる話

数年前から、寝る時に仰向けになると喉に溜まった粘液(痰?)が気道を塞いで息ができなくなる症状が起きている。いわゆる睡眠時無呼吸症候群の一種なのだと思う。息が苦しい状態では寝付けないし、夜中に息が苦しくて目覚めたりする。 数年前に耳鼻咽喉科に行…