ふるきのガベージコレクション2

脳内を通り過ぎたイメージの残骸の記録

父がパソコン詐欺被害に遭う

昨日の午後3時頃、在宅で仕事中に母屋から

認知症の始まった父の大きな声が聞こえてきた。

窓を閉めていたのではっきりは聞こえなかったが、
なんとなくおかしい感じがして、窓を開けて聞いてみると、
「グランドのG、大阪のO、もう1回O、グラウンドのG、エル、イー....」
と聞こえてきて、慌ててPCを確認しに行ったら、
以下のサイトの画面になっていた。
Windows Defenderの警告画面を装った詐欺。

電話はこちらから一方的に「切りますよ」と切る。
番号で検索すると"詐欺"とだけ書かれている情報が見つかる

最後まで聞いていないので詐欺の内容はわからないが、
(1)GoogleでTeamViewerを検索させる
(2)TeamViewerをインストールさせ、接続設定をする
(3)遠隔操作で何らかの作業をしてサポート料金を請求
(4)GooglePlayカードなどを買わせて、コードを読み上げさせる
というパターンらしい。
以下のサイトのPDF参照
 
この少し前に、「お父さんの携帯電話をあずかっていないか」と
聞きにきていて、「もう解約したよ」と答えたイベントがあった。
コンビニまで行かせるために携帯電話でつなぐように
指示されたのだろう。
母の携帯を使って通話していた。
 
なんとか被害には遭わずに済んだが、
危険なので、「パソコンをしらべるから」と本体を回収。
また一つできないことが増えてしまってかわいそうだが仕方ない。

起動してみると、ブラウザの履歴の最後に怪しいサイトがあったが、
まだ、アプリはインストールされていなかった。
 
こういう詐欺があることは知っていたが、身近で起きて驚かされる。
世の中の詐欺被害者の大半は、認知症初期の人なのかもしれない。